Short and Sweet

英語のこと、本のこと、日々のこと

佐野洋『似ているひげ《密会の宿③》』(1988)を読んだ

芥川賞作家の赤染晶子さんが亡くなられた。 42歳という若さで。 処女作から読んでいて、定期的に新作が出ていないかチェックしている好きな作家さんだった。 うつつ・うつら 作者: 赤染晶子 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2007/05 メディア: 単行本 ク…

佐野洋『仮面の客《密会の宿②》』(1987)を読んだ

密会の宿〈2〉仮面の客 (徳間文庫) 作者: 佐野洋 出版社/メーカー: 徳間書店 発売日: 1987/10 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 短く、ブザーが鳴った。玄関のガラス戸が開けられた合図だったが、私は自分の部屋で写真週刊誌のグラビヤを眺めてい…

佐野洋『密会の宿』(1983)を読んだ

佐野洋『密会の宿』を読んだ。 密会の宿 (徳間文庫) 作者: 佐野洋 出版社/メーカー: 徳間書店 発売日: 1983/05 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 厚子は帳簿をつけていた手を休めて、ホープを口にくわえた。隆と知り合ってから、喫うようになった…

村上沙耶香『コンビニ人間』(2016)を読んだ

予約でなかなか借りることができなかった本。ようやく借りることができました。 村上沙耶香『コンビニ人間』を読んだ。 コンビニ人間 作者: 村田沙耶香 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2016/07/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (59件) を見る …

寺村輝夫『消えた2ページ』(1970)を読んだ

児童文学というものを、久しぶりに読んだ。 消えた2ページ (フォア文庫) 作者: 寺村輝夫,中村ヒロシ 出版社/メーカー: 理論社 発売日: 1996/07 メディア: 新書 クリック: 1回 この商品を含むブログ (3件) を見る ある日とつぜん、“逃げだせ王さま”のなかの2…

朝倉かすみ『満潮』(2016)を読んだ

寒いのだか暑いのだかよくわからない天気が続く。 朝倉かすみ『満潮』を読んだ。 満潮 作者: 朝倉かすみ 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2016/12/15 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る わたし、ひとがわたしになにをし…

樋口有介『ぼくと、ぼくらの夏』(1988)を読んだ

時間が空いたときは、もっぱら樋口有介を読むようになってしまった。 ということで、樋口有介『ぼくと、ぼくらの夏』を読んだ。 新装版 ぼくと、ぼくらの夏 (文春文庫) 作者: 樋口有介 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2007/05/01 メディア: 文庫 購入: 1…

樋口有介『刑事さん、さようなら』(2011)を読んだ

刑事さん、さようなら (中公文庫) 作者: 樋口有介 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2013/12/20 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (4件) を見る 「結婚したい女ができた」と明かした十日ほど後、警官が自宅で首を吊った。その二日後、河原で風俗ラ…

樋口有介『彼女はたぶん魔法を使う』(1990)を読んだ

こちらのブログで紹介されていた樋口有介『彼女はたぶん魔法を使う』を読んだ。*1 彼女はたぶん魔法を使う 柚木草平シリーズ 作者: 樋口有介 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2012/01/01 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 元刑事でフリー…

菅野完『日本会議の研究』(2016)を読んだ

石井さんのブログで紹介されていた、菅野完(たもつ)『日本会議の研究』を読んだ。 日本会議の研究 (扶桑社新書) 作者: 菅野完 出版社/メーカー: 扶桑社 発売日: 2016/04/30 メディア: 新書 この商品を含むブログ (49件) を見る 市民運動が嘲笑の対象にさえ…

東野圭吾『放課後』(1985)を読んだ

東野圭吾の作品を読んだのは、これが初めて(?)かもしれない。 こちらのブログで紹介されていた、東野圭吾『放課後』を読んだ。 放課後 (講談社文庫) 作者: 東野圭吾 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1988/07/07 メディア: 文庫 購入: 4人 クリック: 67回…

宮部みゆき『魔術はささやく』(1989)を読んだ

拍動性耳鳴りと頭痛が酷いので、ここ最近病院に行っている。 耳鼻科に行ったら、耳はなんともないということだったので、念のため脳神経内科でMRIを撮ってもらった。結果は後日。 こっちも、なんともないといいな。 こちらのブログで紹介されていた、宮部み…

斎藤美奈子『名作うしろ読み』(2013)を読んだ

最近は時事評論での活躍が目覚ましいようだけど、やっぱり彼女の本業は文芸評論! 斎藤美奈子『名作うしろ読み』を読んだ。 名作うしろ読み (中公文庫) 作者: 斎藤美奈子 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2016/01/21 メディア: 文庫 この商品を含むブ…

太田忠司『僕の殺人』(1990)を読んだ

こちらのブログで勧められていた太田忠司の『僕の殺人』を読んだ。 僕の殺人 (徳間文庫) 作者: 太田忠司 出版社/メーカー: 徳間書店 発売日: 2017/03/03 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 五歳のとき別荘で事件があった。胡蝶(こちょう)グループ…

朝倉かすみ『好かれようとしない』(2007)を読んだ

本も読み馴れてくると薬と同じで、「この気分のときはこれ」と、自分を喜ばせる処方がわかってくる。久しぶりに、朝倉かすみ『好かれようとしない』を読んだ。好かれようとしない (講談社文庫)作者: 朝倉かすみ出版社/メーカー: 講談社発売日: 2016/04/08メ…