A Lazy English Learner's Blog

楽しいことがあったり、忙しいと、すぐに英語をなまけてしまう人のブログ

樋口有介『ぼくと、ぼくらの夏』(1988)を読んだ

時間が空いたときは、もっぱら樋口有介を読むようになってしまった。 ということで、樋口有介『ぼくと、ぼくらの夏』を読んだ。 新装版 ぼくと、ぼくらの夏 (文春文庫) 作者: 樋口有介 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2007/05/01 メディア: 文庫 購入: 1…

樋口有介『刑事さん、さようなら』(2011)を読んだ

刑事さん、さようなら (中公文庫) 作者: 樋口有介 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2013/12/20 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (4件) を見る 「結婚したい女ができた」と明かした十日ほど後、警官が自宅で首を吊った。その二日後、河原で風俗ラ…

樋口有介『彼女はたぶん魔法を使う』(1990)を読んだ

こちらのブログで紹介されていた樋口有介『彼女はたぶん魔法を使う』を読んだ。*1 彼女はたぶん魔法を使う 柚木草平シリーズ 作者: 樋口有介 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2012/01/01 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 元刑事でフリー…

菅野完『日本会議の研究』(2016)を読んだ

石井さんのブログで紹介されていた、菅野完(たもつ)『日本会議の研究』を読んだ。 日本会議の研究 (扶桑社新書) 作者: 菅野完 出版社/メーカー: 扶桑社 発売日: 2016/04/30 メディア: 新書 この商品を含むブログ (49件) を見る 市民運動が嘲笑の対象にさえ…

東野圭吾『放課後』(1985)を読んだ

東野圭吾の作品を読んだのは、これが初めて(?)かもしれない。 こちらのブログで紹介されていた、東野圭吾『放課後』を読んだ。 放課後 (講談社文庫) 作者: 東野圭吾 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1988/07/07 メディア: 文庫 購入: 4人 クリック: 67回…

宮部みゆき『魔術はささやく』(1989)を読んだ

拍動性耳鳴りと頭痛が酷いので、ここ最近病院に行っている。 耳鼻科に行ったら、耳はなんともないということだったので、念のため脳神経内科でMRIを撮ってもらった。結果は後日。 こっちも、なんともないといいな。 こちらのブログで紹介されていた、宮部み…

斎藤美奈子『名作うしろ読み』(2013)を読んだ

最近は時事評論での活躍が目覚ましいようだけど、やっぱり彼女の本業は文芸評論! 斎藤美奈子『名作うしろ読み』を読んだ。 名作うしろ読み (中公文庫) 作者: 斎藤美奈子 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2016/01/21 メディア: 文庫 この商品を含むブ…

太田忠司『僕の殺人』(1990)を読んだ

こちらのブログで勧められていた太田忠司の『僕の殺人』を読んだ。 僕の殺人 (徳間文庫) 作者: 太田忠司 出版社/メーカー: 徳間書店 発売日: 2017/03/03 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 五歳のとき別荘で事件があった。胡蝶(こちょう)グループ…

朝倉かすみ『好かれようとしない』(2007)を読んだ

本も読み馴れてくると薬と同じで、「この気分のときはこれ」と、自分を喜ばせる処方がわかってくる。久しぶりに、朝倉かすみ『好かれようとしない』を読んだ。好かれようとしない (講談社文庫)作者: 朝倉かすみ出版社/メーカー: 講談社発売日: 2016/04/08メ…